Case Study

医療における“みえる”の重要性

医療における“みえる”の重要性

医療において「みえる化」は重要で、最初に全体を見て、観察して、診断して、病気を視て、その上で患者を診るといったように、いろいろな段階の「みえる」があります。ロジック・アンド・デザイン社の画像鮮明化技術は、診療段階における「視る」の精度を大いに向上させてくれるもので、既に眼科領域では積極的な活用が始まっています。異常を早い段階で見つける、見逃しをなくす―そんな未来の実現に貢献する技術です。

同じカテゴリーの記事

記事はありませんでした

Event

新製品発表会開催決定、
協業希望パートナー参加募集!

Sample

YouTubeで様々な鮮明化活用シーンの
サンプルを閲覧できます!

Movie

画をつくらない、加工しない
アルゴリズムを映像で体感

Lisr®とRe:Na®、双方の技術に共通するのは、すでに記録されている画像・映像データのみを処理するため、画をつくる・加工する技術とは、全くもって異なるということです。今ある情報のみを活用し、独自のアルゴリズムによって本来あるべき姿を再現した画像・映像は、裁判で証拠品としても提出可能なレベルとなっています。

この動画は「日経CNBC Market Ad-Venture〜未上場株式の民主化〜」にて放映されたものとなります。ぜひこの動画でロジック&デザイン独自の技術の有用性をご確認ください。

Contact

あらゆる分野で活用が可能な
画像・映像の鮮明化、高解像度化の技術と製品について
ぜひお気軽にお問い合わせください

株式会社ロジック・アンド・デザイン
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 B棟1階1号室

©株式会社ロジック・アンド・デザイン