Case Study

建設現場でのドローン検査

建設現場でのドローン検査

橋梁の裏側や超高層建築物の壁などの人が立ち寄ることが難しい現場の調査に、ドローンが用いられることが多くなっています。その際に記録画像や肉眼による視認が困難な「クラック」の発見に“より視える化”技術が力を発揮します。国土交通省が運営する新技術情報の共有・提供を目的としたデータベース「NETIS」にも当社の画像鮮明化技術が登録されるなど、今後もさまざまなシーンでの活用が見込まれています。
※NETIS番号 :KT-220008-A

同じカテゴリーの記事

Event

新製品発表会開催決定、
協業希望パートナー参加募集!

Sample

YouTubeで様々な鮮明化活用シーンの
サンプルを閲覧できます!

Movie

画をつくらない、加工しない
アルゴリズムを映像で体感

Lisr®とRe:Na®、双方の技術に共通するのは、すでに記録されている画像・映像データのみを処理するため、画をつくる・加工する技術とは、全くもって異なるということです。今ある情報のみを活用し、独自のアルゴリズムによって本来あるべき姿を再現した画像・映像は、裁判で証拠品としても提出可能なレベルとなっています。

この動画は「日経CNBC Market Ad-Venture〜未上場株式の民主化〜」にて放映されたものとなります。ぜひこの動画でロジック&デザイン独自の技術の有用性をご確認ください。

Contact

あらゆる分野で活用が可能な
画像・映像の鮮明化、高解像度化の技術と製品について
ぜひお気軽にお問い合わせください

株式会社ロジック・アンド・デザイン
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 B棟1階1号室

©株式会社ロジック・アンド・デザイン